「できること」の幅が広くなる

常務取締役

TOSUIは社員約110名(パートやアルバイト、派遣社員を含めると約160名)の組織です。ほとんどが現場に携わっており、管理部門のスタッフは少人数で全体がどう動いているか、目を届けなければなりません。「待ちの姿勢」ではなく、必要性を感じたことがらに自ら積極的に関り、知識やスキルを「モノにしていく」構えが大切です。

営業活動からはじまり、報酬や待遇の算定、労務管理、監査への準備、人材採用などなど……入社20数年になる私ですが、必要に応じて一つひとつ経験することで、自分でこなせる業務範囲を自ら広げてきました。TOSUIで仕事をすれば、同年代と比較としても短い期間のうちに様々な業務を経験することができ、いろいろなポジションの人と出会う多くの機会があるはずです。その結果、物流ビジネス全体を俯瞰でき、総合的な判断力を身につけることができる。そしてさらに、人間としての幅も広がると思うのです。

これから先、物流事業はどんな方向に進化発展していくのか!? …私たちと期待を一緒にできる方、そして自分の未知の可能性を発掘したい方、TOSUIは歓迎します。

 


育ててくれる寛容さ

総務担当

TOSUIには中途採用で入社しました。以前の会社では営業事務的な仕事をしていましたが、経験を積むうちに「総務の仕事」というものに興味をもつようになり、自分にとって新しい業務内容にトライしてみようと本社勤務を希望しました。

現在は請求書の作成、社員みなさんの給与の入力などを手がけています。そうした仕事内容に私はほとんど知識が薄かったのですが、諸先輩たちは「一つひとつ新たに覚えていけばいい」という寛容さで私を迎えてくれました。税理士さんに細かく質問したり、自分から外部のセミナーに積極的に参加したりしながら、必要な知識とノウハウを身につけてきました。セミナーの参加費用はもちろん会社負担です。

ここ本社の事務ルームの構成は私も含めて5名。まだまだすべてを完璧にこなせるわけではないのですが、メンバーはいつも私のことを気にかけてくれているので、安心して仕事の幅を広げていける環境です。今のところ自分の担当ではない経理や社会保険などの分野についても、機会をつくって勉強していきたいと思っています。
一つひとつマスターしている総務の仕事の知識とスキルは、すべて将来の自分の糧になるという実感があるから、毎日の業務に積極的になれる。TOSUIの企業としてのいちばんのアピールポイント。それは「人を育てる大らかさ」、ではないでしょうか。